2020年5月19日火曜日

新型コロナウイルス対策で2回目の要請

 今日は西川市長への2回目の申し入れを実施しました。10万円の給付金を「私は生活保護だから受け取れない」と言った方がいます。受け取れることを説明しました。私からは特別定額給付金は誰もが受け取れるものだと周知を徹底してほしいと求めました。また、意思確認で給付を受け取ることができる他都市の事例を紹介し、生活保護受給者の手続きの簡素化を要望しました。私は右から2人目です。少し控えめに。


2020年5月4日月曜日

第2回臨時会で質疑

 5月1日に開会された第2回臨時会で質疑しました。今回は新型コロナウイルス感染症に対する緊急の補正予算など審議しました。
 私が「今回の補正予算が要望書を提出している団体の要望に応えるものとなっているか」問うと、西川市長は「道の上乗せ部分や市独自の融資の拡充を盛り込んだ」と答弁しました。最後に私が「様々な影響を考えると、第2、第3の対策を早急に検討する必要があるのではないか」と指摘しました。市長は「長期化が懸念されることから、市民の暮らしや事業者への影響を考慮し、第2次以降の対策を迅速かつ的確に実施したい」と答えました。
 保健所にはPCR検査体制について、市立病院には感染者の受け入れに対する考え方など、私たちに寄せられた声をもとに質疑しました。日本共産党旭川市議団は全議案賛成しました。



2020年4月16日木曜日

住民団体が旭川市に要請

 午前中、旭川上川社会保障推進協議会のみなさんが新型コロナウイルス感染症の影響から市民を守ってほしいと旭川市に対して要請書を提出しました。7項目からの要請には、国民健康保険制度に傷病手当金を整備するよう求めるもの、保険料や税の支払いが困難な方に対して差し押さえは行わないこと、就学援助制度について収入が激変した家庭に対して速やかな認定を行うことなどが記されています。赤岡副市長は後日文書で回答するとしながら、受け取った要請項目について検討したいと答えました。




2020年4月12日日曜日

今日はジョギング日和?

 今日は天気がよかったのでジョギングしました。ツインハープ橋からの山々がとても綺麗に見えました。新しいパートナーができました。といってもシューズですが。アルトラ製のローンピーク3.5という靴です。靴底に足跡がデザインされたものです。昨年からチャレンジしているトレイルランにはこちらの方があうかもと走りながら感じました。









今朝、自宅に届く

 今朝、新聞と一緒にホームドクター2020年版が入っていました。元の職場が掲載されていました。保険料が高くて、さらに受診時の3割負担。これでは医療を受けたくても受けられません。私ができることは、無料低額診療という事業を知らせることと、国が財源措置を行って安心して診療を受けられるようにすることだと思っています。




2020年4月3日金曜日

第1回臨時会告示

 今日、第1回臨時会が告示となりました。4月10日開会の予定です。


2020年4月1日水曜日

市民みんなで力を合わせて新型コロナウイルスに立ち向かおう

 市役所本庁舎に「市民みんなで力を合わせて新型コロナウイルスに立ち向かおう」という垂れ幕が下がっていました。先日の議会質疑で市立病院事業管理者は「経営状況が厳しい中で、新型コロナウイルスの感染がどうなるかわからないが、大幅な収益減となっても公営企業の本来の目的である公共の福祉の増進に努めたい」と答弁しました。医療費削減のために公的公立病院を統廃合するのはやめるべきです。